「ダイエット」でバレる!残念な人の3大欠点

「糖類ゼロ、ラーメン…」それで大丈夫?

最後に、ダイエットした途端にバレるのが「謎の迷信深さ」であろう。

手軽な「『これだけ』ダイエット」には落とし穴がある

【3】科学的な根拠がない「謎の迷信深さ」がバレる

「卵ダイエット」「グレープフルーツダイエット」「キウイダイエット」「リンゴダイエット」「バナナダイエット」などなど、数年に1度、その主役の座をほかの食べ物に譲る「謎のダイエットメニュー」たち。

下手したら、ある日突然、狂ったようにブロッコリーやセロリ、コンニャクばかりを大量に食べだしたり、お酢をグビグビ飲んだり、しまいには通販で「痩せるグッズ」を買い漁ったりと、とにかく購入リストが恥ずかしすぎるのだ。

そもそも健康に痩せるためには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンなど栄養のバランスが重要である。

にもかかわらず、残念な人に限って、ひたすらひとつの食べ物にすがり、「これさえ食べれば痩せられる」と盲信しがちなのだ。

結局、同じものをひたすら食べることに飽きてしまい、深夜には「もう、どうでもええわ‼ 俺なんか、どうなってもええ‼」と叫んだかと思いきや、近所のコンビニに駆け込んでしまう。

そして、「唐揚げ、チョコレートドーナツ、アイスのまとめ食い」という「哀しきリバウンドの運命」が待っているのは、これまで繰り返されてきた「肥満の歴史」が証明済みである。

とにかく、科学的な根拠がない「これだけダイエット」にすがり、「何か1つだけ食べていたら大丈夫」と盲信するのは、二流の迷信であると断言しても差し支えないであろう。

次ページでは、「一流の秘訣」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。