借金DV夫と別れられない41歳専業主婦の苦悩

2人の子どもがいるのに4度目の借金が発覚

俗に、「飲む・打つ・買う」の中でもいちばんタチの悪いのが「打つ」だという人は多いです。ところが私は、生活を破綻させた何人ものギャンブラーの妻たちが、「打つだけだったら我慢できた」と言うのを聞いています。

「愛さえ自分にあれば、ギャンブルは一種の病として我慢できる」という意味のようです。私は無粋かもしれませんが、これは理解に苦しみます。ギャンブルで妻(子)を路頭に迷わせたこと自体が、もはや愛のない裏切り行為であることに目覚めるべきです。

私はギャンブルで身を滅ぼし、妻子にも逃げられた者たちの話を聞いたことがありますが、「ギャンブルのスリルに比べれば、女など目じゃない」そうです。

まして妻子などと言わんばかりの不届き者たちの言葉ですが、「飲んで・買って」身を滅ぼす者にもない“最低級の人間性の乏しさや卑しさ”が、「打って」身を滅ぼす者にはあります(優劣の問題ではありませんが)。その者たちが女にも走るのは、やけくそである場合が多いそうで、本当につまらない者たちです。

もも様も、浮気だけはないと思わされてきて、それなりの我慢をしてきたのですね。失礼ですが夫君の特徴を読ませていただきますと、ほかにもDVに逆切れなど、「取り柄は何ですか」と問いたくなる人です。浮気はないと思わされてきたのは、あなたを悩まさないためではなくて、家族がいるほうが借金するときに信用されやすいとか、離婚を考える意思や誠意、余裕さえない状態などであったことが、彼の性癖で明らかです。

繰り返します。ギャンブルにおぼれるのは、浮気に劣らずとも勝る、家族への裏切り行為なのです。

人生のリセットにエネルギーを使おう

前出の順子さんは10年間、両家の両親を交え、話し合いと説得を重ねました。それ以外の友人・知人は皆彼から離れ、見放されていたそうです。その都度夫は反省し、更生の誓いを何度も立てたそうで、やはりその都度、彼女は今度こそ本物の誓いだと信じました。

結果は借金が膨らんだだけで、おカネが手に入ると天下を取ったようになり、次の借金のメドが立つまでは廃人同様になる繰り返しだったとか。もも様も夫君に希望をつなぐことは、人生の浪費だと申し上げたいです。

次ページ離婚を思いとどまる必要はない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。