「不倫から抜け出せない人」に共通する考え方

ありのままの自分を受け入れられているか

泥沼化することもあります(写真:Graphs / PIXTA)

川谷絵音さん&ベッキーさん、宮崎謙介元議員、乙武洋匡さんなど、2016年は年初からタレント・著名人の不倫スキャンダルが相次いで発覚した。世間の反応は大きく、「ここまで言われるのか」とばかりに騒がれた。

ただ、不倫はこうした有名人だけでなく、一般人の間でも起きていることだ。既婚者である会社の上司と独身の部下、既婚の同僚同士、同級生など、さまざまなパターンがあり、中には抜け出せなくなっている人も少なくない。

「やめたいけど、やめられない」

筆者はフィナンシャルカウンセラーという仕事を通じて、主に買い物依存や借金の悩み相談を受けている。多くの相談者から聞く「やめたいけど、やめられない」。いけないと思っていても、それが自分のためにならないとわかっていても、やめられない。それが依存状態である。薬物やアルコールなどだけでなく、不倫にハマって抜け出せない人においても同じ要素があるように見える。

都内で金融機関に勤めるOLのHさん(35歳女性、独身)もその一人だ。いかにも仕事がデキるキャリアウーマンで、かつスタイルもよい。いわゆる高嶺の花に見られることが多いためか、決まっていつも声をかけられるのは既婚男性で、独身男性から声をかけられることは少なかったという。「自分ではまったくそんなつもりはないんですけどね。なんでいつも既婚者なんだろうって」

Hさんは、まさか自分が不倫をするとは思ってもいなかったが、あることがきっかけで知人の既婚男性と関係を持ってしまった。年上で経営者でもある知人は尊敬の対象でもあったため、自分の中での関係性が整理できず混乱し、罪悪感にもさいなまれた。数回と会わないうちに自分から関係を断つことを決心し、連絡を絶った。

次ページしかしHさんは…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。