東京エレ+アプライド、時価総額は2.8兆円

シェア25%を握る巨大企業が誕生

[東京 24日 ロイター] - 東京エレクトロン<8035.T>と米アプライドマテリアルズは24日、経営統合すると発表した。統合新会社の時価総額は290億ドル(2.8兆円)。半導体製造装置の世界3位と首位が統合することで、業界内で圧倒的な規模を確保し、コスト削減などで相乗効果を狙う。

経営統合は、両社の株主総会での承認や各国の競争法の認可を経て2014年後半に完了する見込み。両社合算の年間売上高は126億ドル(1兆2300億円)、従業員は2万7000人に拡大する。

半導体製造装置は種類が多く、手掛ける製品が異なるために単純比較はできないが、統合により両社の売上高シェアは約25%となり、現在2位の蘭ASMLの2倍に増える。

米調査会社IHSグローバルの主席アナリスト、南川明氏は「半導体製造装置の成長は頭打ちでシェアの食い合いになっている」と指摘。「2社が一緒になれば圧倒的に強くなる。業界再編のきっかけになるかもしれない」と話す。

また、大手2社が統合することで、顧客である米インテル、韓国サムスン電子<005930.KS>、台湾TSMC<2330.TW>、東芝<6502.T>など半導体メーカーに対する交渉力が増す可能性もある。

アドバンストリサーチジャパンのシニアアナリスト、デビド ・ルーベンスティン氏は「2社が一緒になれば(半導体導体ウエハーに回路を形成する)エッチング市場でシェアが6─7割になる」と話す。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。