12月に無理なく始める「年間25万円節約法」

2018年は絶対に「おカネが貯まる人」になる

無理な節約をしなくても、おカネは貯まる。これを読んで「2018年から家計の仕組み作り」を始めよう(写真:sasaki106 / PIXTA)

年末年始は家計を見直すのに最適なタイミングといえます。年始の新鮮な気持ちは新しい事柄をやる気にさせてくれます。

また、普段は忙しくて時間がない人も、まとまった休みをとれる可能性があり、家計を振り返るきっかけにできるからです。この記事を読んだ読者の皆さんは、12月の今はもちろん、冬休みの予定に、「2018年から始める家計の仕組み作り」を加えてみるのはいかがでしょうか。

「家計簿アプリ」使用なら、毎月2万円強の家計改善に

仕組み作りでは家計簿アプリを利用するのはかなり有効です。家計簿アプリを提供している企業はいくつかありますが、代表格であるマネーフォワードが行った意識調査「お金の意識調査 2017年度下半期」によると、ユーザーがサービス利用前後で実感した収支の改善額は、平均で月額2万1513円という結果でした。年間なら25万円以上の改善です。

家計簿による家計の改善は、「日々のデータの記録」→「記録した情報の分析」→「改善案の実践」というステップを踏みます。直接、家計改善に目に見えて効果があるのは、行動に移す「実践の段階」になってからです。できれば、記録に時間をかけず、分析以降に進みたいところですが、やり方を間違えると、データを記録しては忘れたりの繰り返しになったりで、なかなか前に進みません。

その点、家計簿アプリを利用することで、記録の手間を軽減し、分析以降のステップに速やかに入れることは、確かに家計改善の効果を得られそうです。

ラクして分析以降の段階に進む方法は、いくつかありますが、もし家計簿アプリの選定や設定を難しいと感じる人は、どうすればいいでしょうか。

次ページ家計簿アプリを使わずに、収支を改善する方法がある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。