「北朝鮮の真の標的はハワイ」という人の理屈

世界滅亡に備える人たちが恐れる事態とは?

ハワイがターゲットになるうる理由とは?(写真:mari808/PIXTA)

米国には、日頃から戦争や暴動、地震や竜巻などの自然災害や、さらには「人類滅亡の日」に備えて、いつでも逃げられる準備をしている「プレッパー(Prepper)」と呼ばれる人たちが、米国にいることは以前にも書いた。そんなプレッパーたちの動きが、最近活発化している。それは彼らの多くが、「北朝鮮問題が有事になるのは時間の問題」とみているためだ。

前回も話を聞いたワシントン州シアトル近郊に存在する某プレッパーグループのリーダーで、現在はコロラド州の山奥でサバイバル生活を送っているスティーブさんを半年ぶりに訪ねた。

当時彼は「北朝鮮の核実験Xデーは5月9日の韓国大統領選挙」であるとし、そこか第2次朝鮮戦争が始まり、最終的には第3次世界大戦になると予測を立てていた。再会した彼に「5月9日には第2次朝鮮戦争は始まりませんでしたね」と伝えると、「何をのんきなことを言っているんだ? もう戦争は始まっているではないか」と真顔で返されてしまった。

真のターゲットはグアムではない

正直なところ、最初の取材ではプレッパーたちの有事に備える徹底ぶりを知り、「この人たちは、大げさなのではないか」と思うところもあった。しかし、スティーブさんは淡々と話す人だ。どちらかというと、穏やかな印象さえある。私たちを囲む情勢の恐ろしさを単にあおっているような様子はない。

元海兵隊出身で、退役後も傭兵として中東を中心とする複数国に滞在した経験をもつスティーブさんは、現在、他州のプレッパーたちと連携しながら、軍関係者内部とも頻繁にやり取りしている。つまり、彼は軍事関係には、すこぶる明るいのだ。

そんな彼の視点で現在の動きをみると、北朝鮮とアメリカの軍事衝突はもはや避けられないという予測だ。彼の仲間の軍事関係者も、みな同じような見解らしい。その話を聞いてすかさず「やはりグアムが危ないか」と質問すると、彼は真剣な面差しでこう言った。「真のターゲットはグアムなどではない。ハワイだ」。

北朝鮮がアメリカを攻撃する際、アメリカ国民に全体にいちばんダメージを与える場所を狙うのは当然、というのがスティーブさんの見解だ。金正恩氏が偉大な将軍として、自らをさらに神格化するうえでも、その攻撃はセンセーショナルである必要がある。となれば、おのずと場所は決まってくると彼は言う。

次ページなぜハワイがターゲットなのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。