ぐっちーさん「電通も博報堂も必要ない時代」

今を「格差時代」と見るか「産業革命」と見るか

アマゾンなどの「超」大企業や「超」富裕層が世界を動かす。従来型の大企業の価値はどんどんなくなっている(写真:AP/アフロ)

安倍政権は「信任された」と思わないほうがいい

この連載の記事はこちら

衆議院議員総選挙が終わりました。

予想どおり与党の圧勝ですが、安倍晋三政権はこれで自分たちが信任されたなどとは思わないほうがいいでしょうね。消費税増税による初等教育の無償化などと最初は威勢がよかったんですが、「小池の乱」以降、安倍さん自身、ほとんど北朝鮮の問題にしか触れていませんね。

つまり、今の野党より自民党がましだろう、という点のみが今回の得票のポイントであって、社会風刺のコント集団「ザ・ニュースペーパー」の表現を借りれば「どこに行くか目的地がわかっていないタクシーより、暴走してもちゃんと目的地に着くタクシーのほうがまだまし」という究極の選択を国民がさせられた結果、と考えるべきでしょう。

経済政策については、安倍首相は有効求人倍率の回復と株高を声高に叫ぶわけですが、問題は国民一人ひとりが豊かになっている、と実感できるかどうかであって、そんな数字をいくらあげても意味がない。事実、個人消費支出はあの震災があった2011年3月の数字にさえ満たない。どれだけの国民がそういうマクロの数字と裏腹に窮乏生活を強いられているのかという点が問題です。

その肝心の消費税についてはみなさん覚えておられますか?

税と社会保障の一体改革として消費税を上げましたが、3%上げた消費税分のどれだけが実際の社会保障に使われ、国民生活を豊かにしたのか、という検証がいまだになされていません。国税庁のHPには今でも「改革の趣旨」のところで、

「社会保障と税の一体改革においては、消費税率の引上げによる増収分を、すべて社会保障の財源に充てます。このようにして安定財源を確保することで、社会保障の充実・安定化と、将来世代への負担の先送りの軽減を同時に実現します」

と書いてあります。振り返ってみればまったくのうそだった、というしかありません。

次ページ野党も政策が貧困で、だらしがない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。