常識外れの「よなよなエール」が独走するワケ

クラフトビールの旗手が挑む販売と生産の壁

ヤッホーブルーイングが主催する「超宴」。同社のファン約4000人が集まり、過去最大規模のイベントになった(写真:ヤッホーブルーイング)

クイズ大会、チアダンスに音楽ライブ、ビールグラスを片手に盛り上がる約4000人の参加者――。10月7日、クラフトビールメーカー最大手のヤッホーブルーイング(長野県・軽井沢町)のファンイベント「超宴」(ちょううたげ)が神宮外苑軟式球場で開催された。

超宴は、ヤッホーが毎年開催しているファンイベント。4200円の入場チケットを買うと、ビール3杯、500円分の食事券、特注グラスと引き替えられる。加えて地元・軽井沢エリア限定品など10種類以上のクラフトビールが提供されている。

ブーム到来でも、155社中55社が赤字

ヤッホーの旗艦ブランド「よなよなエール」。創業当初から販売している製品で、販売の4割を占める。今年9月に初の大規模リニューアルに踏み切った(写真:ヤッホーブルーイング)

クラフトビールとは、小規模な醸造所が作るビールのこと。酒税法上の定義はないが、大手のビールに比べ、味や香りなどで個性を出しやすいことが特長だ。

ビール全体の課税出荷数量は1994年度をピークに、2015年度は6割減の273万キロリットルにまで減少。一方で、クラフトビールの市場規模は推計で1%にも満たないが数十社が新規参入し、2015年度に2.3万キロリットルと、拡大が続く。

だが、クラフトビールメーカーの多くは、経営がうまくいっているとはいいがたい状況だ。国税庁が2016年12月に発表した「地ビール等製造業の概況」(2015年度)によれば、調査した155業者(大手5社を除く)のうち、20社の営業利益は50万円未満で、55社は営業赤字に陥っている。

むしろこのブームを牽引しているのは、かつての地ビールメーカーと呼ばれた会社だ。

業界最大手が1996年創業のヤッホー。売上高は非公表だが、信用調査会社によれば2015年11月期に30億円程度だったようだ。12年連続で増収増益を続け、「年間平均30%の勢いで成長していて、クラフトビールメーカーの中では圧倒的」(ヤッホーの井手直行社長)という。

次ページクラフトビールの牽引役は地ビールメーカー?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。