意外と知らない"認知症犯罪"の深刻な実態

65歳以上の受刑者で認知症は約1100人

衝動を制御できず万引きを繰り返す病がある(写真:IYO / PIXTA)

万引き逮捕が無罪に

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

大阪市内の商店街で大根の漬物2袋(500円相当)を万引きした男性(72)を家族は「盗み癖がある」と責めていたという。以前にも3度、万引きで捕まり、有罪判決を受けていたからだ。

衝動を制御できず万引きを繰り返す、クレプトマニア=窃盗症という精神疾患がある。男性もそう目されていた。

「当初はクレプトマニアの弁護を専門に扱っていました」

そう話すのは、窃盗の弁護を多数扱う鳳法律事務所の林大悟弁護士。ここ4年ほどで認知症を患う人の弁護をすることが増加したと話す。

「ご家族の方もクレプトマニアかもしれないと相談に来られるのですが、年齢や状況を聞いて、脳の検査をしてみてくださいとすすめます」

その結果、かなりの確率で明らかになるのが、前頭側頭型認知症(fronto temporal dementia、以下FTD)だ。

冒頭の男性は、2015年12月に万引きで逮捕された際、執行猶予中だった。収監が避けられない中、裁判官が精神鑑定を促し、認知症の症状であることが判明。心神喪失の疑いがあるとして今年3月、無罪判決が言い渡された。

よく病名が知られた「アルツハイマー」に「レビー小体」「脳血管性」「FTD」を加え“4大認知症”と呼ばれている。発症数もこの順番に多いが、FTDは他の認知症と違い、指定難病にも認定されている。

認知症の専門医である東京医科歯科大学の朝田隆特任教授が説明する。

「アルツハイマー型やレビー小体型のように、記憶の障害はそう目立たないが、引きこもったり、社会常識を守らなくなったりするなど人間性が変化することが大きな特徴です。発症も、40代から60代と若年性に非常に多く、病状もゆっくりと進行します」

次ページ自制心の病
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。