ドイツの高級新聞社が挑む「分断社会の是正」

メディアの力で社会の両極化は止められるか

反移民政党に反対するデモ参加者。ベルリンで撮影(写真:ロイター/Hannibal Hanschke)

9月24日に行われたドイツ連邦議会(下院)選挙では、ネオナチすれすれともいわれる極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が初の国政参加を果たしたことで、ドイツ内外に衝撃が走った。極右政党の国会入りは戦後初。しかも全709議席中約100議席獲得で、第3党の位置である。2015年以来100万人を超える難民を受け入れた「太っ腹」ドイツには、排他的政党を支持する相当数の国民がいたのである。

困っている人に手を差し伸べる国民と他者を敵視する国民という両極化があらわになった選挙結果となったが、こうした状況を解消するべく、ドイツの高級週刊新聞ディー・ツァイト(本社ハンブルク、発行部数50万部)があるプロジェクトを立ち上げている。

電子版「ツァイト・オンライン」の編集室が置かれているベルリンで、プロジェクトの共同マネジャー、フィリップ・ファイグル氏に話を聞いた。

米大統領選やブレグジットへの反省

ファイグル氏が同僚のクリスチャン・バンゲル氏と「D17」を始めようと思ったきっかけは、昨年11月の米大統領選や、その半年前に英国で行われた、欧州連合(EU)に加盟し続けるか離脱するかの国民投票だった。

米大統領選で、なぜ世論調査会社やメディアはドナルド・トランプ共和党候補の勝利を予測できなかったのだろうか? 英国のEU国民投票でも、なぜ離脱(「ブレグジット」)の勝利を察知できなかったのか?

フィリップ・ファイグル氏(写真:ツアイト・オンラインのサイトより)

今年年頭、ツァイトの編集スタッフは、ドイツで米大統領選やブレグジットのような現象が起きないようにするのにはどうしたらいいかと頭を悩ませた。9月末にドイツで下院選挙が控えていたからだ。

米大統領選や英国民投票では事前予想が大きく外れた。「ドイツ下院選の予想をそのまま信じてしまったら、大きな驚きになる可能性がある」(ファイグル氏)。

次ページドイツでも両極化が発生している
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。