新型新幹線「見た目」が変わり映えしない理由

「N700S」は現行の「N700」とどう違う?

JR東海が開発中の新型新幹線N700Sの模型と車体(撮影:尾形文繁)

「今の新幹線とどこが変わったんだ?」。報道陣の多くが当惑の表情を浮かべた。

10月1日、JR東海が開発中の次世代新幹線「N700S」の先頭車両が日本車輛製造豊川製作所(愛知県豊川市)で公開された。

東海道新幹線は現在、「N700A」タイプが主流となっており、1999年に営業運転を開始した「700系」は2019年度末までに引退する。それと入れ替わるような形で、2020年度から営業運転を開始するのがN700Sだ。いきなり営業車両を造るわけではなく、まず「確認試験車」と呼ばれるプロトタイプ車両を製造して2018年度から試験走行を開始。そこで得られた情報を基に細かい修正を施し、最終的な営業車両につなげる。

この違いに気づけるか?

今般公開されたのはこの確認試験車の先頭車両。いすなどの内装はまったくない“がらんどう”の状態で、外側も最終的な塗装は施されていない。それでも、その新幹線らしい流れるようなデザインは見てとれる。

正面から見たN700S。両脇にある穴が前照灯の部分(撮影:尾形文繁)

JR東海によれば、N700Sの先頭形状デザインは、「デュアルスプリームウィング形」と呼ばれるもので、現行のN700Aよりもトンネル突入時の騒音や走行抵抗の低減が図られるという。「前照灯の形が違う。N700Aのデザインからずいぶん変わった」と、鉄道専門誌の記者は語っていたが、鉄道に詳しい人はともかく、一般の人にとっては、その違いはよくわからないのではないか。

次ページ変わらないことが利用者の安心を生む
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。