奇想天外「国鉄が現在も続く」小説の誕生秘話

「電車でGO!」の仕掛け人が小説家に転身

『RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-』は13巻まで刊行中(撮影:豊田巧)

鉄道に興味がある、東洋経済オンラインの読者の皆様は、想像してみたことがあるだろうか。「JRグループに分割・民営化されず、『日本国有鉄道(国鉄)』がそのまま残っていたら、それはどんな世界なのだろうか」と。

そんな鉄道ファンタジーを小説にした作家がいる。豊田巧――。ゲーム会社で「電車でGO!」の宣伝を仕掛けた豊田は(「あの伝説のゲーム、『電車でGO!』の誕生秘話」を参照)、その後、小説家としてデビュー。子供向け鉄道推理小説シリーズ「電車でいこう!」を皮切りに、『RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-』もシリーズ化された。現在は13巻まで刊行、累計80万冊のヒットとなり、年内には14巻の発売も予定されている。これこそ、「国鉄が分割民営化されなかった、もうひとつの日本」という空想を思う存分に羽ばたかせた世界である。

若い世代には「国鉄」自体がファンタジー

30歳以上の世代で国鉄を知らない人間はいないであろう。しかし、豊田は自身のサイン会において、若い世代から「国が鉄道会社を経営するなんて、ずいぶんと奇抜なことを思いつかれましたね! 面白いです!」と言われることもあるという。そう、若い層は「国鉄」を知らない。国営の鉄道会社がファンタジーそのものなのだ。

そんな国鉄を知らない層からも愛されるヒット作を、なぜ生み出すことができたのか。国鉄を今によみがえらせて、豊田はなにを描きたかったのか。「今も国鉄があったら?」という仮定から生まれた、ひとつの鉄道エンターテインメントが成立した秘密を、執筆する前の時間に時計の針を戻してひもといてみたいと思う。

ゲーム会社を退職し、「子供向けのコンテンツを作りたい」という昔からの夢を叶えるべく「電車で行こう!」を執筆していた2011年ごろ、とある人物からこんな声がかかった。「ライトノベルを書いてみないか」――。

「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-」の素案が豊田の頭の中にできたのは、その時だという。

次ページプロデューサーを驚かせた「コンセプトシート」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
中国の格安EVがトヨタを破壊する

企業経営論の名著『イノベーションのジレンマ』著者で、ハーバード・ビジネススクールのクリステンセン教授にインタビュー。EV(電気自動車)と破壊的イノベーションの関係について聞いた。