「Apple Watch 3」、使って分かった真の価値

「未来のモバイル」を体験できる!

9月22日に発売される「Apple Watch Series 3」は単体で通話や通信が可能となる(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日、第3世代となるスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表した。この製品はApple Watchとしては初となるセルラー通信に対応した製品だ。

5日間、セルラー対応のApple Watch Series 3、アルミニウムスペースグレイモデルを試したが、今回のアップデートは非常に重要かつ大きなものだと感じた。

これまでどおり、iPhoneユーザーのためのスマートウォッチという位置づけは変わらないが、独自にセルラー通信に対応したことから、Apple Watchだけを身に着けて外出しても、音声通話やメッセージングを途切れることなくこなすことができるようになるからだ。

デザインは前モデルを引き継いでいる

Apple Watch Series 3のアルミニウムスペースグレイ。サイズはSeries 2と共通だが、セルラー対応を果たし、デジタルクラウンは赤く塗られている(筆者撮影)

Apple Watchは、有機ELディスプレーと感圧マルチタッチディスプレーを備えたwatchOSが動作するスマートウォッチだ。

iPhoneアプリにWatchアプリが入っていれば、Apple Watchでもそのアプリを利用できるほか、iPhoneに届く通知を手首だけで受け取ることもできる。

2016年9月に第2世代となる「Apple Watch Series 2」を発売し、プロセッサーのデュアルコア化、GPSの内蔵を実現した。GPSの内蔵は、屋外でジョギングやウォーキングを楽しむ人々にとって、Apple Watchだけで正確な距離と経路を計測できるようになることを意味しており、人気のある機能となった。

Apple Watch Series 3は、Apple Watch Series 2で高速化したプロセッサーをさらに高速化し、またワイヤレス機能の高速化と省電力化のため、アップルが設計したW2チップを搭載した。そして、LTE通信もサポートした。

さらに、先代とはサイズの変更はなく、これまでと同じ感覚でセルラーモデルを利用することができる。もちろん交換バンドも、38ミリ、42ミリの違いはあるが、同じサイズであればそのまま引き継ぐことができる。

次ページ本体の種類は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。