新型iPhoneは「発表会場」も史上最強だった

アップル好きが待ち望んだ「もう1つ」の事

Apple Park Visitor Center - オープン前の外観をぐるりと一周すると・・・

アップルは米国時間9月12日に新社屋「Apple Park」で開催したイベントで、iPhone X、iPhone 8シリーズ、Apple Watch Series 3、Apple TV 4Kの新製品群を発表した。今回のイベントはiPhone10周年を記念する意味合いとともに、もう1つ、アップルにとっての節目となる出来事があった。

それは、Apple Park内にあるSteve Jobs Theaterでの初めてのイベント開催だったということだ。

再生可能エネルギー活用の一大拠点でもある

共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が愛したカリフォルニアの自然を再現すべく、9000本の木が植えられたApple Park(筆者撮影)

Apple Parkは今年4月から使用を開始した新しいキャンパス(社屋)で、これまでのキャンパスと同じカリフォルニア州クパティーノ市内にある。1辺1.6キロメートル程度の正方形に近い土地に、直径450メートルの宇宙船と呼ばれる円盤状の社屋を含む施設が建ち並び、共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が愛したカリフォルニアの自然を再現すべく、9000本の植樹を行い、17メガワット時(MWh)の発電能力と蓄電能力を誇る再生可能エネルギー活用の一大拠点としての役割も果たす。

今回のプレス向けイベントは、Apple Park、Steve Jobs Theater双方が使われた初めてのイベントだった。初公開となったシアターとその周辺、そして2017年中に一般公開される予定のApple Parkのビジターセンターについて、写真で見ていこう。

Steve Jobs Theaterのうち、地上に見えている部分は、ガラスの壁で囲まれた円形の空間だけ(筆者撮影)

Apple Parkの敷地のすぐ脇にあるビジターセンターは、Apple Storeとカフェの機能が用意されており、シリコンバレー観光拠点として期待される。ストアにはTシャツやトートバッグなどの限定オリジナルグッズが販売されるほか、すべての体験が可能なフルサイズのApple Storeが併設される。

次ページApple Park内に入り、Steve Jobs Theaterを目指す
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。