オリンピックを、東京に決めさせるには?

「他人に重要な決断をさせる」ための、マル秘テクニック

他人に「重要な決断をさせる」には、どうしたらいいのだろうか?社内の決裁・会議や社外の営業などで、相手に「決断させる力」は、ビジネスリーダーにとっては不可欠な能力だ。

東京スカイツリーからみた都内。7日(日本時間8日早朝)のIOC決定を、東京は静かに待つ(撮影:今井 康一)

東京は、本当に勝てるのか?

おりしも、2020年の夏のオリンピックが東京になるかどうかが、9月7日のIOC総会で決まる。今回のコラムでは、オリンピック招致という絶好のトピックを題材に、他人に「決断させる力」を高めるための、「オモテ」「ウラ」戦略について考えていこう。

では、まずは「オモテの戦略」から始めよう。IOC総会で2020年の夏のオリンピックを東京に決めさせるためには、どういう戦略で進めるべきだっただろうか。

もちろん、まだ決定的に重要と言われる、総会でのプレゼンテーションが残っている。だが、総会で思いつく限りの東京の魅力をアピールしても、勝てるとは限らない。商品の魅力をどれだけ頑張ってアピールしても、顧客が買うと決断してくれるわけではない。恋愛も、就職も然り。それほど、世の中は甘くはない。

「ワタシは頑張ったけど、決めてくれませんでした」では意味がないのだ。最近では、1回の立候補では難しいとはいわれるが、前回(2009年)東京が落選した時には、約150億円とも言われるオカネが「水の泡」となっている。

次ページ戦略の3C分析とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。