凡人サラリーマンでも鍛えられる決断筋とは?

目標達成には「実現したいこと」を皆に話し、自分を追い込め

お盆も過ぎた。今からの方もおられるだろうが、夏休みはどのように過ごされただろうか?ちなみに筆者は、1日だけお盆休みをとって、気分転換にと釣り堀に出かけたのだが、ヒト・ヒト・ヒト…。魚と人間とどっちが多いかわからないアリサマで、「自分が釣られている気分」になってしまった。

さて、夏休みといえば、いつも羨ましく思うのは欧米のビジネスマンの、バカンスの長さだ。なぜ長く休めるのかには、やはり理由があるのだ。今回のコラムでは、これをヒントに、読者の皆様の、決断筋を鍛えるお手伝いをしていきたい。

「休むという目標達成」のための、「公開と宣言」

筆者の友人で、ドイツ在住のジョー(欧州の超有名メーカー勤務)は、今年も1か月の夏休みを取得中だ。欧米では有給の消化が少ないと、会社が当局に「刺される」ケースも多く、1か月の有休自体は珍しくない。だが、実は、休み一つとるにも、やはりそこには「決断」の力があるのだ。

そもそも、休む時に同僚や顧客のことは気にしないのだろうか。そんなことはない。その代わり、彼らは、「休みを前もって決めて、皆に伝えている」のだ。「1カ月休む」と意志をもって決めたら、それをとにかく徹底して「公に宣言」するのだ。

次ページ決断から、宣言、公開、実行までの流れを押さえよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。