民進党・前原新代表は、のっけからつまずいた

「山尾幹事長」の撤回で求心力さらに低下

最初から決断力のなさを露呈してしまった前原新代表(撮影:尾形文繁)

「党再生のラストチャンス」といわれていた民進党がまたもドタバタ劇を演じた。9月1日の同党代表選を制した前原誠司新代表が、最初の関門となる新執行部人事でいきなりつまずいた。

「自らの政治生命を賭ける」と悲壮な覚悟で代表となった前原氏は、党運営の要となる幹事長に若手論客で知名度の高い山尾志桜里元政調会長を起用しようとしたが、党内の反発にあって土壇場の撤回を余儀なくされた。いったん内定した幹事長人事が党内事情で覆ったことで前原氏の代表としての求心力は一気に低下し、相変わらずの「党内バラバラ」の露呈で「再び政権党に」との目標も視界から消えた。

前原氏は5日夕の同党両院議員総会に最終的な人事案を提案、異論なく了承された。代表選で前原陣営の選対本部長を務めた大島敦元副総務相を幹事長に起用、代表選で競った枝野幸男元官房長官を代表代行に充てた。階猛政調会長、長妻昭選対委員長などの主要人事は事前の調整通りとなったが、山尾氏は結局、要職には就かなかった。人事全体をみれば党内バランスに配慮した挙党体制ともいえ、前原氏は「私は独裁者ではない」と釈明した。だが、肝心かなめの幹事長人事での迷走が新体制のイメージダウンにつながったことは否定できない。

「経験不足で党が混乱する」との批判噴出

代表就任直後に人事に着手した前原氏にとって、幹事長人事が最重要課題だった。党内ではすぐに「ライバルで親友の枝野幸男氏との二人三脚が党結束への早道」(幹部)との理由で枝野幹事長説が浮上したが、「党刷新と清新さのアピール」を狙った前原氏は山尾氏に幹事長就任を打診、内諾した山尾氏は早速地方遊説などで「決意表明」してみせた。

しかし、「山尾幹事長」が大きく報道されると、党内では当選2回、43歳の若手女性議員の抜擢に対する不安や不満が広がった。前原氏を支持したベテラン議員も「党内の離党予備軍の説得や国会対策などを考えると経験不足の山尾氏では混乱するばかり」と苦言を呈した。このため、前原氏は4日午後に山尾氏と代表代行に内定していた大島氏との3者協議で「山尾幹事長」を撤回し、大島氏に差し替える案を示したとされる。

山尾氏は2016年2月の衆院予算委員会で「保育園落ちた、日本死ね」と過激な言葉を書き込んだ匿名ブログを取り上げ、1強を誇る安倍晋三首相を厳しく追及したことで脚光を浴び、民進党初代代表の岡田克也氏は2016年3月の人事で山尾氏を党政調会長に抜擢した。ただ、その直後に週刊誌に不明朗な政治資金疑惑を指摘されたが、東大法学部卒のエリート検事出身にもかかわらず明確な説明を避けてきた。今回の人事ではそうした過去も問題視されたとみられる。

次ページ「いったん決めたことは押し通せ」と若手
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。