高級ミニカーに魅せられた男の並外れた情熱

知らなくてもいいが知ろうとしないのは罪だ

「好き」と思うことについては、とことんのめり込む
実車を忠実に再現し細部までこだわり抜かれて作られるモデルカー。中でも特に精巧さが愛好家から絶大な支持を得ている「Spark Model」。その国内初拠点となる南麻布のショールームを任されているのが、長年、雑誌出版社の編集長として趣味文化発信の一翼を担ってきた小林豊孝氏。多くの“元少年”たちの心を掴んで離さない「車」の魅力、自身も憧れ続けた世界を仕事の舞台にしていった「好奇心の力」を辿ってきました。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりインタビューをお届けします。

大人の心を鷲掴みにする、高級な“玩具”

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

――(店内中央に飾られた製品を見て)これは「ミニカー」なんですか?

小林豊孝氏(以下、小林氏):それは1/8モデルといって、文字通り実車の8分の1サイズ、ミニカーと呼ばれるものの中ではかなり大きなものです。このモデルでは世界で十数台程度しか生産されていないもので、また、ここでしか販売していません。そうした大きなサイズから、1/18、最も一般的な1/43から1/64、1/87サイズと、大小さまざまなモデルを展示販売しています。ミニカーと言うと、一般的には子どもが扱う「おもちゃ」をイメージされるかと思いますが、私たちが取り扱うものは、普及帯の1/ 43モデルで1台8000円前後と、ちょっと高価な大人のための「玩具」であり、細部まで本物に徹底的にこだわって作り込まれています。その精巧さから、私たち愛好家の間では、ミニカーと呼ばずにモデルカーと呼ぶ人も多いです。

ここは、数あるモデルカーメーカーの中でも、特に精巧さが評判のMINIMAX社製Spark Modelを取り扱う正規代理店で、国内初の拠点として、ショールームの役割も担っています。Spark Modelのブランドは一般的な他メーカーと違い、設計から開発、生産まで同一拠点にあり、自社工場を持ち、独自の素材で開発体制を敷いています。小ロットのマニアックな車種など、今までの業界の常識ではできなかったモデルカーを数多く世に出しています。

社長のHugues Ripert(ウーゴ・リペール)氏の、モデルカーへの並々ならぬ情熱が盛り込まれたSpark Modelは、月に平均して40種類ほどの新製品がリリースされています。例えばレーシングカーでは同じ車種でも、レースによってボディやウィングの形状も異なり、さらにスポンサーのロゴマークやゼッケン、車検証なども違ってくるのですが、そうした部分に至るまで、とにかく本物を忠実に再現しているのが特徴です。その精巧な作り込みをじっくりと堪能して欲しいとの想いから、このギャラリーではネットでの取り扱いは一切せず、店頭でのみ販売をおこなっています。

次ページ憧れの原点
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。