40歳年収「近畿地方580社」ランキング

1位は驚きの2000万円超、1000万円超は5社

大阪駅付近には多くの企業が本社を構える。京阪神を含めた近畿地方は、古くから経済的な発展をしていた地域だ(写真:まちゃー / PIXTA)

近畿地方はいうまでもなく、関東地方に次ぐ日本第2位の経済圏。古くから政治や経済の中心地として栄えてきた京阪神(京都・大阪・神戸)を軸に、本社を構えている大企業も多い。東京に本社を移した企業の中にも、実は近畿圏にルーツを持つ会社は少なくない。

東洋経済オンラインは上場企業約3205社を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国5地域(「東京除く関東」「東京」「中部」「近畿」「北海道・東北、中国四国、九州沖縄」)に分けてまとめた。これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」「東京都除く関東325社」の40歳推計年収ランキングをお届けしてきたが、第4弾として近畿地方の2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)に本社を置く550社のランキングを公表する。

『会社四季報』の本社欄に掲載した本社所在地が近畿圏となっている会社のうち、単体の従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は除いた。有価証券報告書(2015年6月期~2016年5月期)の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「平成26年賃金構造基本統計調査」を基に試算した。

40歳は人生でも社会人でも中間点。上場企業が発表する平均年収は年齢がバラバラのため、比較条件をそろえてみることで、あくまで理論的に割り出した推計値ながら一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、単体の年収数字となっている。また、純粋持ち株会社は本社の中枢機能を担う社員のみで成り立っているケースが多く、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある。こうした純粋持ち株会社について、原則としてランキングの対象から除外していることも、併せてお断りしておきたい。

1位キーエンスはダントツの2000万円超え

1位はキーエンスの2023万円。日本でも屈指の超高給企業として知られるFAセンサーが主力のメーカーだ。2位は伊藤忠商事の1339万円。3位は朝日放送(1317万円)で、東京都とその周辺地域に比べて相対的に安い物価を考えると、これらの高給企業の社員はゆったりとした生活を送れるケースも多そうだ。

1000万円超は6社で、上位には東京都に次ぐ全国2位の都市である大阪府に本社を置く企業がずらっと並んだ。大阪府以外で上位に目立つのは9位任天堂(京都府)949万円、30位シスメックス(兵庫県)791万円ぐらいだ。

40歳推計年収について:各企業が発表した直近決算の有価証券報告書に記載された平均賃金と平均年齢を基に40歳平均年収を推計。推計に使用した賃金カーブ(賃金の伸び率)は厚生労働省が調査・発表している「平成26年賃金構造基本統計調査」の5歳刻みの賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとの賃金カーブを算出。その賃金カーブを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算。データ出所:各社の有価証券報告書(2015年6月期~2016年5月期)、厚生労働省「平成26年賃金構造基本調査」を基に東洋経済が作成。
次ページまずは1~50位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?