首都圏・関西圏「戸建て用地」価格上昇の全貌

「駅別」土地価格変動率ランキングを一挙掲載

マンションの駅別ランキングはよくあるが、戸建て住宅の駅別ランキングは珍しい(写真:yerbluesky/pixta)

新築マンションの価格上昇が止まらない。不動産経済研究所の調査によると、首都圏の新築マンション平均価格は今年1月にそれまでの5000万円台から6911万円まで急上昇。翌月には5000万円台に逆戻りしたので、いったんピークを過ぎたに見えたが、7月には6562万円と再び6000万円台に乗った。

マンションが高嶺の花となり、庶民の目は戸建て住宅に向き始めた。国土交通省が7月31日に発表した新設住宅着工戸数によれば、分譲戸建て住宅は20カ月連続で着工数が増加している。

マンションと異なり、上昇率は鈍化か下落

では、こうした需要の高まりを受けて、首都圏の戸建て住宅の価格は上昇しているのだろうか。不動産調査会社の東京カンテイによると、「ここ数年間で見てもほとんど変動していない」とされ、価格が急上昇したマンションよりも割安感があるという。

同社が2016年7月~2017年6月に駅周辺で土地売買取引が10件以上あった首都圏の1102駅について平均坪単価を調べたところ、昨年(2015年7月~2016年6月)と比べて、上昇率は1.5%だった。ただ、昨年は一昨年(2014年7月~2015年6月)と比べて5.0%上昇していたことから、上昇率はむしろ鈍化したことになる。

高騰するマンション価格と比べ、戸建て住宅用地の価格が安定しているのはなぜか。マンションは投資物件として購入されるケースも少なくないが、戸建て住宅用の土地は実需に即して動き、投資的に買われることがほとんどないとの見方が一般的だ。

次ページ首都圏の上昇率トップ駅は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。