「結婚前の浮気」は離婚の理由になり得るのか

ほかの男との密会を理由に離婚はできるのか

勝手に日記を見たことには負い目を感じてはいるが…(撮影:今井康一)

妻が結婚前に浮気をしていたことが分かったが、このことを理由に離婚できるのでしょうか――。こんな質問が弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられました。

相談者の男性は、日記を通じて、妻が結婚前に浮気をしていたことを知ったそうです。相談者に嘘をついて、他の男性と密会していたことがわかりました。投稿者は、勝手に日記を見たことに負い目を感じてはいるが、妻が信じられなくなり離婚を考えているそうだ。肉体関係があったかどうかは不明だという。

結婚前に相手が浮気をしていたことが発覚した場合に、離婚はできるのでしょうか。金子宰慶弁護士に聞きました。

結婚前の浮気は離婚理由にならない

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「結婚前に配偶者が浮気をしていたことは、離婚原因になりません。

離婚原因としては、『配偶者に不貞な行為があったとき』と規定されていますから(民法770条1項1号)、配偶者のときに不貞行為がないと離婚原因にあたりません。結婚前は「配偶者」ではないですから、結婚前の浮気は離婚原因にはあたりません」

では、離婚はできないということか。

「それでも何かしたいというのが、ご相談者のお気持ちかと思います。

婚姻生活は全人格的なものです。結婚前の浮気を知ったことで、それまでに夫婦が築いてきたお互いの信頼関係は、相談者の立場からは壊れてしまいました。

相談者はそのことを相手に伝え、今後の夫婦関係を考え直していくのが良いのではないでしょうか(もちろんそのときには日記を黙ってみてしまったことについて謝罪も必要かと思います)。

そのような話し合いをして信頼関係が回復すれば、婚姻関係は続いていくことでしょう。しかし、不幸なことに、相手が嘘ばかりついて自分を守ろうとしているとか謝罪をしないということであれば、お互いの信頼関係は壊れていき、婚姻関係は破綻へと向かっていくのではないかと思います。

このように結婚前の浮気といったできごとを今すぐに離婚原因とすることはできませんが、そのことをきっかけに話し合いをしたその結果は、離婚原因の一つである『婚姻を継続しがたい重大な事由』となっていく可能性があります」

金子 宰慶(かねこ・ただちか)弁護士
1995年弁護士登録(千葉県弁護士会)。得意案件は離婚を含む家事関係、交通事故、刑事事件など。千葉大学法科大学院非常勤講師、千葉市精神医療審査委員、社会福祉法人評議員、監事等の職務についたことがある。最近の興味関心は、日本中世史。
事務所名:法律事務所大地

 

弁護士ドットコムの関連記事
「あまりにかわいくて」女性店員に電話番号を渡したら、店長から警告――法的にNG?
猛暑日、小学生がスーパーでカルピスを「会計前」にガブ飲み! 後で払えば問題ない?
サービスエリア「女子トイレ」に大行列…女性が「男子トイレ」に入ったらダメ?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?