牛肉の「輸入制限」が発動された本当の理由

14年ぶり発動だが、関係者はいたって冷静

セーフガードの発動で牛丼が値上がりするのでは、との懸念も多いが・・・(写真:編集部)

牛丼や焼き肉チェーンで使われる米国産の冷凍牛肉の関税率が、この8月から上がった。政府がセーフガード(緊急輸入制限)を発動したためだ。

セーフガードとは特定の農産物などの輸入量が急増した場合に、一時的に関税を引き上げて国内生産者を保護する措置。牛肉では、輸入量が前年度四半期の117%を超えた場合に機械的に関税が引き上げられる。

今年4~6月期の米国産冷凍牛肉の輸入量が増えたため、今回14年ぶりの発動となった。ただ、発動は“僅差”だった。発動には該当国からの輸入量に加え、牛肉の輸入量全体が117%以上に増えることが必要だが、今回輸入量全体は基準値に対してわずか113トン、伸び率にしてたった0.1%上回っただけだった。

なぜ、このような結果となったのか。改めて原因を探っていこう。

中国”犯人説”だけでは無理がある

輸入量の伸びた理由として挙げられるのが、中国による米国産牛肉の輸入解禁だ。中国はBSE(牛海綿状脳症)発生で停止していた米国からの輸入を6月に再開した。「中国の買い付けを見越して、前倒しで輸入した会社があった」(農林水産省畜産部)。

中国の輸入再開をめぐる思惑で、今年に入ってから米国産牛肉が値上がりしたのは確かだ。ただ、中国の「爆食」を恐れた先回り買いで、輸入の増加を説明し尽くすことは難しい。

次ページ中国の輸入は急には増えない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?