家でもできる「モンテッソーリ教育」のコツ

藤井四段の集中力を、家庭で育む

なんでも親が選ぶのではなく、子どもに選ぶチャンスを用意しましょう(写真:HIME&HINA / PIXTA)

※前回記事:集中力を育む「モンテッソーリ教育」の本質

私は、先生方の研修や一般の方々への講演会を通じて、かれこれ20年にわたり、モンテッソーリ教育を皆さんにお伝えしています。1998年には東京・吉祥寺に就学前児童を対象としたモンテッソーリ教育施設「吉祥寺こどもの家」を開園。子どもたちとのふれあいの中から、モンテッソーリ教育が子どもの持つ才能を伸ばしてくれるということを、身をもって感じています。

モンテッソーリ教育は、マリア・モンテッソーリ(1870~1952)という、女性医学者・科学者によって、イタリアで始められた教育法です。今日では、欧米で3割の子どもが何らかの形でこの教育を受けているといわれています。

モンテッソーリ教育を受けた人の中には、特別な才能を開花させる人が少なくありません。藤井聡太四段がそうですし、Googleの共同創立者セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、Amazon.comの創立者ジェフ・ベゾス、Wikipedia創設者ジミー・ウェールズもモンテッソーリ教育を受けています。

家庭で実践するために

モンテッソーリ教育を突き詰めると、「大人の子どもに対する接し方」に集約されます。そのため、特別な園に通わなくても、自宅でこの教育を実践することができます。実際に考え方を学び、親子の間で実践している方も多くいらっしゃいます。

まずは、家庭でモンテッソーリ教育を実践するために欠かせない考え方を2つご説明した後、すぐに実践できる具体的なかかわり方をご紹介していきます。

次ページ子どもが大きく成長するヒント
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。