"夏の宿題地獄"を楽々クリアする「7つの手」

今年こそ「怒ってばかりの夏休み」にしない

どんな子でも夏休みの宿題に計画的に取り組むことができる「7ステップ方式」をお伝えします(写真:マハロ / PIXTA)

間もなく子どもたちが大好きな夏休みです。日頃はのんびりできない現代日本の子どもたちですから、夏休みくらいはリラックスさせてあげたいというのが、私の正直な気持ちです。でも、実際はなかなかそうもいかないのが実状であり、その最大の原因が宿題です。長年小学校の教師をしてきた経験で言うと、夏休みの宿題に自ら計画的に取り組める子はかなり少なく、夏休みの後半になって親子で慌てるケースが多いです。

宿題もやらずにダラダラしているわが子を見て、いけないと思いつつもキレてしかってしまった経験を持つ方も多いことと思います。これでは楽しいはずの夏休みも台なしですね。実際、私が教えた子の中にも、「毎日しかられるから夏休みは嫌い」とはっきり言った子もいました。「宿題やらなきゃダメでしょ」などとしかられることが多いと、子どもはよけいに勉強が嫌になるだけでなく、自分に自信が持てなくなります。また、「お父さんはぼくのことをダメな子だと思ってる。あまり好かれていないようだ」というように、親に対する愛情不足を感じるようにもなります。

「7ステップ方式」で計画的に取り組む

この連載の記事一覧はこちら

でも、ご安心ください。今回紹介する「7ステップ方式」で進めば、どんな子でも夏休みの宿題に計画的に取り組むことができます。そうすれば、子どもも楽しい夏休みを送れるようになり、みなさんもガミガミしかって嫌な気分になることもなくなります。

●ステップ1:宿題を1カ所に集めて全体量を「見える化」する

宿題で苦労する子は、どんな宿題がどれだけあるのかよくわからないまま夏休みに入ります。でも、「宿題がたくさんあるらしい」ことはわかっていて、時間が経てば経つほどその量がイメージの中で膨らんできます。そして、得体の知れない妖怪のようになり、ますます手が出せなくなります。

次ページまずは宿題の全体量を「見える化」する
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。