「コメント欄」でバレる!残念な人の3大欠点

「ネット記事への書き込み」で全部わかります

「コメント欄」の書き込み方ひとつで二流がバレます(写真:saki / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

二流は最後まで読まずにコメントする

グローバルエリートファンの読者の皆さま、お待たせしました!待望の「ムーギー・キムのグローバルメールマガジン」が、ついに創刊しました。0号(サンプル)は無料でお読みいただくことができます。詳細はこちら

「うぉ~、今日も『コメント欄』が、大賑わいやな~~~!!」

世の中には、私が記事を書くたびに、それはそれは激しく叱咤激励してくださる熱心な読者が存在する。

「いちいち指摘するほうが二流三流だ」「エレベーターの乗り方で二流一流かどうかなんてどうでもいい」「この程度の記事を書く人に、人物の一流や二流を判別できるとは思えない」などなど……。

これに対し、一流の人物は、記事へのコメントを書くときも一流である。

「最後は『自分を二流だ』って謙虚に言ったではありませんか」という一流の同情論から、「普段読まない人を惹きつける書き方、持論とバラエティを忘れない執筆は、よく働き、よく遊ぶと少し似ている」などと奥深い読み方をしてくださる人もいる。

「学歴の高さや頭のIQ」と「その人がネット記事にセンスのいいコメントをできるかどうか」は関係ない。

世の中には、ネット記事への「コメント欄」の書き込み方ひとつで、その人の「人間的グレード」が一発でバレてしまうものである。

それでは、「コメント欄」でバレてしまう、その人の「人格的欠陥」「人間的故障」とは何なのか。早速、紹介していこう。

次ページ記事より長いコメントって…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?