イオン、3―5月期が11%営業増益だったワケ

GMSの赤字幅縮小などが寄与

 7月5日、イオンは、2017年3―5月期の連結営業利益が前年比11.4%増の366億円になったと発表した。第1・四半期としては、2年ぶりに過去最高を更新した。7事業中6事業で利益が改善した。写真は千葉で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 5日 ロイター] - イオン <8267.T>は5日、2017年3―5月期の連結営業利益が前年比11.4%増の366億円になったと発表した。第1・四半期としては、2年ぶりに過去最高を更新した。7事業中6事業で損益が改善。主力のGMS(総合スーパー)事業は、前年同期の102億円の営業赤字から67億円の赤字となり、最大の改善幅で寄与した。

GMS事業の中核となるイオンリテールの既存店売上高は2.7%減となった。ただ、販促費の圧縮などで利益率は改善している。

4月に254品目の値下げを実施。岡崎双一イオンリテール社長は会見で「値下げをしなければ、もっと(売上高は)減少していた」と指摘。値下げによって、1点単価は下がったものの、買い上げ点数の増加や客数増につながっているという。

さらに、岡崎社長は「節約志向は依然として強い」と述べ、8月(訂正)にもう一段の値下げを実施する方針を示した。品目数や値下げ幅は現在検討している。

一方、食品スーパーは、営業減益となった。人件費の増加や3―4月の天候不順などが影響した。

3―5月期の連結営業収益は前年同期比1.1%増の2兆0681億円で第1・四半期として過去最高となった。

2018年2月期の連結営業収益は前年比1.1%増の8兆3000億円、営業利益は同5.6%増の1950億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト9人の営業利益予測の平均値は1988億円となっている。

同社は、5月の株主総会の際に、2020年2月期の連結営業収益を9兆5000億円、営業利益を2900億円とする目標を示した。

*発表者側の申し出により、本文4段落目の値下げ時期を訂正しました。

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。