ユニバーサル創業の岡田氏、家族を「提訴」 

突然の解任に激怒、「お家騒動」は泥沼化へ

 7月3日、ユニバーサルエンターテインメントの創業者、岡田和生氏(74)が同社および筆頭株主である「岡田ホールディングス合同会社」(岡田HD、本社:香港)の取締役を解任された問題を巡り、自らの事業継承者としてきた長男、長女、妻を相手取って、香港の裁判所に訴訟を起こしたことがロイターの調査とインタビューでわかった。写真は29日都内で撮影(2017年 ロイター)

[東京 3日 ロイター] - ユニバーサルエンターテインメント<6425.T>の創業者、岡田和生氏(74)が、同社および筆頭株主である「岡田ホールディングス合同会社」(岡田HD、本社:香港)の取締役を解任された問題を巡り、自らの後継者としてきた長男のほか、長女、妻を相手取り香港の裁判所に訴訟を起こしたことが、ロイターの調査と岡田氏へのインタビューでわかった。

同氏は訴訟の詳細を明らかにしていないが、ロイターとのインタビューで「和解に向けたチャンス」と述べ、自身に降りかかった「お家騒動」を話し合いで解決したいとの胸中を語った。

ロイターが香港で確認した訴訟情報によると、岡田氏が訴えたのは自身の長男である知裕氏と長女の裕実氏、妻の幸子氏、および岡田HD。訴訟の詳細は閲覧できなかった。

突然の取締役解任、知らされたのは決定後

岡田HDはユニバーサルの安定株主として設立され、今年3月末時点で同社の69.02%(3月末時点)を握る筆頭株主となっている。インタビューで和生氏は、1993年ごろに家族に岡田HDの株式を分け与え、長男の知裕氏には事業承継者の候補として、株式を多めに渡したと語った。

この結果、岡田HDの議決権の53%は現在、知裕氏と裕実氏が保有している。これに対し、和生氏の保有比率は46.4%。過半の議決権を和生氏以外の家族が持っており、岡田HDの取締役人事は和生氏の同意がなくても議決できる。実際に、和生氏は自身の意に反して、岡田HDとユニバーサルの取締役を解任された。

岡田氏によると、岡田HD取締役から5月12日付で解任されたことを同18日まで知らされなかった。同23日に開催されたユニバーサルの取締役会で突然、ユニバーサルの取締役の解任も通告されたという。

6月29日に開催されたユニバーサル定時株主総会は、和生氏の取締役からの退任を決めたが、これはユニバーサルの筆頭株主である岡田HDが賛同したためだ。

自身の解任について和生氏はインタビューで、家族以外の人材が岡田HD取締役に起用され、「(望ましい経営が)侵害された」との見方を示した。さらに「この(HDの)中で反乱が起きたら、一番安定するはずの(経営の)根底が崩れてしまう」とも述べた。

次ページ長男・長女とは連絡取れず
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。