NYタイムズ、料理レシピサイト有料化の事情

1月5ドルを払わないとほぼ見られない状態に

 6月28日、米紙ニューヨーク・タイムズは、料理レシピサイト「NYTクッキング」の有料化に踏み切ると発表した。ニューヨーク市で2013年8月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[28日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・タイムズ<NYT.N>は28日、料理レシピサイト「NYTクッキング」の有料化に踏み切ると発表した。

現在は無料で無制限に料理レシピを見られるが、今後は1カ月5ドルを課す。無料ユーザーは大半のレシピが利用できなくなるとともに、これまでに保存していたレシピも見られなくなるという。

読者がウェブコンテンツに移行しているのに伴い、新聞社各社は印刷広告収入の大幅な減少に見舞われており、この穴埋めにデジタル版の活用に力を入れている。

NYタイムズは先月、第1・四半期の印刷広告収入が前年同期比17.9%減少する一方、デジタル広告収入は18.9%増加し、デジタル版購読者も増えたと発表した。

NYTクッキングは2014年にサービスを開始し、現在の月間ユーザー数は約1000万人。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。