行き場を失う、横浜市の放射能汚染焼却灰

市長選を前に、住民や港湾業者が“異議申し立て”

焼却灰を収納するコンテナは、来年3月末で置き場がなくなる(横浜市の南部汚泥資源化センター、撮影:梅谷 秀司)

横浜市内の下水処理場で発生した汚泥のリサイクルを手がける「南部汚泥資源化センター」(横浜市金沢区)----。巨大なタンク群や焼却施設が立ち並ぶ一角に、下水汚泥を焼却してできた灰を収納したコンテナが2段重ねでびっしりと積まれている。

「このままでは来年3月末には焼却灰の置き場がなくなる。ハラハラしながら業務を続けている」。施設を案内しながらこう話すのは、横浜市環境創造局下水道施設部の野村茂・南部下水道センター担当課長だ。

コンテナは1日に3基ずつ増えていき、取材で訪れた5月9日には1500基に達していた。横浜市によれば、現在、汚泥焼却灰は南部および北部(鶴見区)の資源化センター合計で約2万5500トン(6月末現在)も存在し、コンテナの数は約2000基にのぼるという。

わずか5日で撤回された、埋め立て計画

東日本大震災以前に、全量がセメント原料や土木工事の改良土として用いられていた下水汚泥焼却灰は、「リサイクルの優等生」とされてきた。それが「厄介者」に一変したのは、福島第一原子力発電所事故がきっかけだった。首都圏にも放射性物質が降り注ぎ、下水汚泥焼却灰に濃縮された。ピーク時の2011年5月19日には北部センターの汚泥焼却灰から1キログラム当たり1万3056ベクレルの放射性セシウムが計測。南部でも同6月16日に、6468ベクレルの最高値を記録した。

次ページ市はなぜ撤回に追い込まれたのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。