セブンイレブンが悲願の沖縄出店、19年度に

これで全47都道府県が塗りつぶされる

 6月9日、コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は、2019年度をめどに沖縄県に出店すると発表した。沖縄県に出店することで、47都道府県全てで展開することになる。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 9日 ロイター] - コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は9日、2019年度をめどに沖縄県に出店すると発表した。沖縄県に出店することで、47都道府県全てで展開することになる。

店舗数は、出店から5年で約250店舗を予定している。出店にあたっては、新たに工場や配送センターを設ける計画。セブンイレブンは、5月末現在、国内で1万9579店舗を展開している。

また、同社は、経済特区を活用し、沖縄を輸送拠点として、グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」のアジア展開を進める。セブンプレミアムについては、2016年度の売上高1兆1500億円を2019年度に1兆5000億円に拡大させる計画。

大手コンビニのうち、ファミリーマートは300店舗強、ローソン<2651.T>は200店舗強を沖縄で展開している。

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。