大変身した新型iPadProは「買い」なのか

ようやくファイルマネージャを搭載

「WWDC 2017」が開催されているサンノゼ市内のコンベンションセンターの外観(筆者撮影)

米国時間6月5日から9日の日程でアップルが自社製品向け開発者を対象とするプライベートカンファレンス「WWDC 2017」が、米カリフォルニア州サンノゼ市にあるコンベンションセンターで行われている。

毎年、アップルの新しいOS(基本ソフト)に関する情報を発表する同イベントでは、基本ソフトと連動するいくつかの新ハードウェアが発表されることもあり、年末商戦を睨んでアップルがどのような製品を展開しようとしているのかを見極める上で重要なイベントとなる。

現在、アップルはiPhone/iPad向けの基本ソフトである「iOS」、Mac向けの「macOS」、Apple Watch向けの「watchOS」、Apple TV向けの「tvOS」という4種類のプラットフォームを展開している。それぞれについて、開発者が魅力を感じる(=まったく新しい発想のアプリケーションを生み出せる環境だと感じる)ような新機能を訴求できるかどうかが最大の注目点だ。

iPad Proをテコ入れ

アップルCEOのティム・クック氏がつとめた基調講演では、すべての基本ソフトに関して主要な新機能と改良点(の一部)が紹介された。それぞれに重要な機能もあるが、中でも新ハードウェアが発表されたiPad Proのテコ入れが、もっとも大きな注目点と言えるだろう。

今回、アップル自身、iPad誕生以来、もっとも大きなアップデートと紹介しているとおり、新しいiPad ProとiOS11の組み合わせは、iPad本来の位置づけを越えて”パソコンの領域”にグッと近付く製品となった。

これは昨年来、取り組んでいるiPad Proの進化の延長線上にあるものだが、その背景にはタブレット市場の伸び悩みがある。

次ページ伸び悩むタブレット市場
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。