はたしてトランプ大統領は弾劾されるのか?

特別検察官任命までの流れを詳しく解説

このときには予想だにしなかった事態に。大統領就任式の日のトランプ大統領とコミー前FBI長官(写真:The New York Times/アフロ)

ドナルド・トランプ米国大統領の"自壊"が始まった。大統領就任以来、トランプ大統領は強引な態度や傲慢な発言、ツイッターを通しての虚偽情報の発信を繰り返してきた。メディアの批判も無視し、唯我独尊ぶりを誇示していた。だが、ジェームズ・コミーFBI(米国連邦捜査局)長官の解任を契機に、トランプ大統領を取り巻く情勢は一気に変わった。司法省が独立性の高い特別検察官を「ロシアゲート」の調査のために任命したのだ。

厳しい批判の中でもトランプ大統領を守り続けていた与党共和党の中にも、トランプ大統領を批判する動きが顕在化している。民主党議員は言うまでもなく、共和党議員の中からもトランプ大統領の弾劾を求めるべきだという声が聞かれ始めている。リベラル系のメディアにとどまらず、保守系のメディアも「弾劾」という言葉を使い始めている。

トランプ大統領に何が起こったのか。経過を追ってみよう。

コミー前FBI長官の不可解な解任

発端は5月9日。トランプ大統領は突如、コミーFBI長官の解任を発表した。大統領は、解任の理由としてジェフ・セッションズ司法長官とロッド・ローゼンスタイン司法副長官からコミー長官の解任を勧める書簡を受け取ったからだと説明した。3枚の勧告書は、大統領選挙中、ヒラリー・クリントン民主党候補の私的メールアドレス使用事件に関してコミー長官が行った調査の仕方が不適切であったことを指摘し、「コミー長官はFBI長官の職にふさわしくない」と述べていた。トランプ大統領は「解任理由は単純である。コミー長官がよい仕事をしてこなかったからだ」と説明した。

だが、これは誰の目から見ても納得できる理由ではなかった。選挙直前にコミー前長官は、決着がついていると思われていたクリントン候補の私的メール事件の再捜査を行うと発表し、それがトランプ候補の勝利の要因の1つになった。当時、民主党はコミー前長官の行動は政治的であり、選挙干渉であるとして、その解任をバラク・オバマ大統領に要求したが、解任されることはなかった。大統領就任直後、トランプ大統領は大統領執務室にコミー前長官を呼び、感謝の意を表した。コミー前長官は、間違いなくトランプ候補勝利の陰の立役者であった。

こうした状況で、誰も長官の解任を予想していなかった。コミー前長官は、解任を大統領から伝えられるのではなく、テレビ報道で知ったほどである。コミー前長官にとって、それは忠誠を示したトランプ大統領の裏切りであった。FBI長官は大統領が指名し、議会で承認されなければならない。しかし、政治的中立を維持するために任期は10年と長く設定されている。大統領がFBI長官を解任できるかどうかの法的な規定は存在しない。

次ページコミー氏解任の伏線
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。