米S&P500横ばい、ナスダックは高値を更新

セキュリティーへの懸念でIT株が上昇

 5月16日、米国株式市場は、この日発表の経済指標や企業決算の内容がまちまちだったことなどを背景に、S&P総合500種とダウ工業株30種がいずれもおおむね横ばいで取引を終えた。2月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は、この日発表の経済指標や企業決算の内容がまちまちだったことなどを背景に、S&P総合500種とダウ工業株30種がいずれもおおむね横ばいで取引を終えた。一方で、ナスダック総合はIT株の値上がりがけん引して続伸し、終値の過去最高値を更新した。

この日発表された4月の住宅着工件数は前月比減少し市場予想を下回ったが、4月の鉱工業生産指数は3年超ぶりの高い伸びとなり、第2・四半期に入って経済成長が上向いたことへの期待も強まった。

15日の遅い時間帯に、トランプ米大統領がロシア外相に機密情報を漏らしたと報じられたことを受け、政府の減税や規制改革の取り組みが遅れる可能性が意識され、投資家が慎重姿勢を強めた面もあった。

キングズビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「政治に関する動きはたくさんある一方で、景色を変えるような経済指標は多くない」と指摘した。

米ホームセンター最大手のホーム・デポ<HD.N>が発表した第1・四半期決算は市場予想を上回る好調さを示した一方、米ディスカウント小売り大手TJX<TJX.N>の第1・四半期は既存店売上高の伸びが鈍化したほか、低調な第2・四半期の利益予想も市場の失望を誘った。

エドワード・ジョーンズの投資ストラテジスト、ケート・ウォーン氏は、好調な業績と予想を上回る鉱工業生産という好材料を、将来の経済指標に対する懸念と小売販売の弱さという悪材料が打ち消したと分析。「個人消費が国内総生産(GDP)の3分の2超を占めているのに、消費支出が弱かったとしたら、堅調な経済成長を続けることができるのかという疑問が出てくる」と述べた。

S&Pの主要11セクターのうち、上昇は2つだけ。情報技術株指数<.SPLRCT>は0.5%上昇と最も大きな伸びを示した。金融株指数<.SPSY>も0.2%上昇した。

米マイクロソフト<MSFT.O>は2%高。米著名投資家ジョージ・ソロス氏が率いるソロス・ファンド・マネジメントが、マイクロソフト株の保有を3倍超に増やしたことが明らかになったことが好材料。市場のサイバーセキュリティーへの関心が高まったことも追い風だった。

ウォーン氏は「セキュリティーへの懸念がIT株を押し上げている。投資家はコンピューターシステムを更新させる企業が増えると見込んでいる」と説明した。

個別銘柄では、米医療保険最大手ユナイテッドヘルス・グループ<UNH.N>や米製薬大手ファイザー<PFE.N>が大きく売られ、それぞれ2%安と1.6%安だった。ファイザーは、シティグループが投資判断を「ニュートラル」から「セル」に引き下げたことが悪材料。

騰落銘柄比率は、ニューヨーク証券取引所が1.24対1、ナスダックが1.01対1で、いずれも下落銘柄が優勢だった。

米取引所の合算出来高は約64億株で、直近20営業日の平均である68億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 20979.75 -2.19 -0.01 20984.48 21033.53 20932.88 <.DJI>

前営業日終値 20981.94

ナスダック総合 6169.87 +20.20 +0.33 6160.52 6170.16 6139.10 <.IXIC>

前営業日終値 6149.67

S&P総合500種 2400.67 -1.65 -0.07 2404.55 2405.77 2396.05 <.SPX>

前営業日終値 2402.32

ダウ輸送株20種 9062.85 -4.38 -0.05 <.DJT>

ダウ公共株15種 697.21 -5.27 -0.75 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1076.85 +15.80 +1.49 <.SOX>

VIX指数10.65 +0.23 +2.21 <.VIX>

S&P一般消費財 712.73 -2.33 -0.33 <.SPLRCD>

S&P素材 332.60 -0.02 -0.01 <.SPLRCM>

S&P工業 569.42 -0.72 -0.13 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 565.22 -1.04 -0.18 <.SPLRCS>

S&P金融 394.13 +0.66 +0.17 <.SPSY>

S&P不動産 193.06 -1.02 -0.53 <.SPLRCREC

>

S&Pエネルギー 498.24 -2.21 -0.44 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 870.89 -3.40 -0.39 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 156.11 -0.95 -0.61 <.SPLRCL>

S&P情報技術 961.62 +4.74 +0.50 <.SPLRCT>

S&P公益事業 260.53 -2.10 -0.80 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.92億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 19860 - 20 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 19855 - 25 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
最新 経済指標の読み方・使い方

10年以上に及ぶ政府統計の大改革が始まった。実態をより理解できるようになれば、ビジネスでも活用の幅が広がる。経済指標を日々チェックしているエコノミストが活用術を伝授。