東洋紡が「四季島」の"快適さ"を支えていた

鉄道会社がクッション材を選ぶ基準とは?

高級寝台列車「四季島」のベッドには東洋紡のクッション材が使われている(撮影:尾形文繁)

今日5月1日に運行を開始する、JR東日本(東日本旅客鉄道)の周遊型寝台列車「TRAIN SUITE (トランスイート)四季島」。全室スイートの檜風呂付き客室や、各地の地元食材を使った一流シェフ監修の食事など、贅を尽くした鉄道の旅を提供する。

北海道・東北の名所をめぐる3泊4日のコースの旅行代金は75万円~95万円と高額ながら、運行開始前から予約が殺到。2018年3月までのツアーはすでに販売が終了している。

四季島の旅は車中泊(3泊4日コースの2日目のみ宿泊施設利用)だ。旅行中の大事な眠りを支えるマットレスに、日本の老舗繊維メーカーの技術を生かした製品が採用されている。東洋紡のクッション材「ブレスエアー」だ。

四季島で採用されているのはフランスベッド社製のマットレスだが、その内部に、東洋紡と共同開発した特別仕様のブレスエアーが採用されている。

耐久性が高く水洗いもできる

ブレスエアーはインスタントラーメンのような構造をしている(写真:フランスベッド提供)

ブレスエアーは樹脂製の繊維が三次元状に複雑に絡み合った、インスタントラーメンのような構造になっている。高反発のため寝返りが打ちやすいのが特徴だ。ここには繊維メーカーとして長年培ってきた原料技術と紡糸技術(高分子物質を繊維状に変える技術)が生かされているという。

寝具や家具のクッション材として広く使われているのはウレタンだ。ブレスエアーはウレタンに比べて通気性や耐久性が高く、水で丸洗いができる点で優れている。

次ページ繊維事業が苦戦する中で生まれた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。