朗報!AIが「お絵かき」を助けてくれる時代に

グーグルは「描こうとしているもの」を類推

4月11日(米国時間)、グーグルがお絵かきツール「AutoDraw」を発表し、話題になっています。

これまでのような、単にマウスで絵を描くツールではなく、自分の描いたちょっと絵心のない絵から、本当に描きたかったものをAI(人工知能)が類推し、「あなたの描きたかったものってこれですか?」と提案してくれるツールです。

無料で使えるということもあって、誰でも手軽に試すことができます。ぼへちゃんも早速試してみました。確かに、犬や猫などの絵は認識してくれるのですが、ぼへちゃんの丸くて黄色の絵(いわゆる自画像?)は認識してくれません。さすがにそれはAutoDrawのAIも学習していないのでしょう。学習していないものは出すことができません。

お絵かきツールの裏には、グーグルの誇る画像認識AIが存在します。あなたが遊びで描いた絵のデータに対して最も近い絵を提案する傍ら、そのデータが日々グーグルのデータベースに蓄積され、AIの学習に利用されるのだと思われます。

そうしてより精度に磨きをかけるAI。よりわれわれの生活に役立つ技術になるべく、日々研究が進められています。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。