日経平均は小幅に3日続伸、金融株切り返す

売り一巡後に買い、「4日続伸」なら今年初に

 4月19日、東京株式市場で日経平均は小幅に3日続伸した。前日の米国株安や外為市場でのドル安/円高を受け、売りが先行したものの、テクニカル指標を支えとした押し目買いが入り、金融株は切り返す展開となった。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に3日続伸した。前日の米国株安や外為市場でのドル安/円高を受け、売りが先行したものの、テクニカル指標を支えとした押し目買いが入り、金融株は切り返す展開となった。

ただ積極的に買い上がる姿勢は乏しく、次第に上値の重さも意識された。

日経平均の3営業日続伸は3月9日─13日以来、1カ月ぶり。あす上昇して4営業日続伸となれば今年初となる。

ドル/円<JPY=>が再び108円台で推移するなど円高基調が続く中、トヨタ自動車<7203.T>をはじめとした外需大型株の一角には売りが出た。もっとも、騰落レシオ(東証1部、25日平均)が前日の大引け時点で70%台と、売られ過ぎを示す圏内にあったことなどを背景に、安寄り後は買い戻しの動きが広がった。東証1部売買代金は3営業日ぶりに2兆円を上回った。

ハイテク・半導体関連や省力化機器関連は総じて堅調に推移。業種別では水産・農林に次ぎ、電気機器が上昇率で2位となった。ソニー<6758.T>、東京エレクトロン<8035.T>、ファナック<6954.T>が1%超、三菱電機<6503.T>が2%超の上昇。また銀行業指数は朝方に一時1%を超す下げとなったが、後場にプラスに転じた。

外部環境に左右されにくい中小型株も物色され、JPX日経中小型株指数<.JPXNKMSC>の上昇率は0.54%、東証2部総合<.TSI2>は1.47%と、いずれも日経平均(0.07%)を上回った。

一方、TOPIXとJPX日経400<.JPXNK400>は小幅安で取引を終了。全体相場は大引けにかけては伸び悩んだ。セゾン投信・運用部長の瀬下哲雄氏は「地政学リスクへの懸念が解消されない中、米国市場は経済指標、株、金利がいずれも変調気味。買うに買えない状況となっている」と話す。

個別銘柄ではこのほか、ヤマトホールディングス<9064.T>が反落。社員への未払い残業代の支払い決定に伴い、18日に2017年3月期の連結利益予想の下方修正を発表したことが嫌気された。半面、17年3月期の通期業績・年間配当予想の上方修正を発表したイソライト工業<5358.T>は大幅高となった。

東証1部騰落数は、値上がり1043銘柄に対し、値下がりが820銘柄、変わらずが152銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      18432.20 +13.61

寄り付き    18327.33

安値/高値   18327.33─18467.73

TOPIX<.TOPX>

終値       1471.42 -0.11

寄り付き     1464.18

安値/高値    1463.95─1475.47

東証出来高(万株) 195291

東証売買代金(億円) 23172.37

*見出しを修正しました。

(長田善行)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。