「嫌われる人の聞き方」よくある5つの共通点

「あいづち、質問、しぐさ…」あなたは大丈夫?

話を聞くときには、相手の話に「寄り添う」姿勢を持つことが大切です。「自分の聞きたい」ように聞くのではなく、「相手の言いたいこと」を尊重して聞く姿勢をとることがポイントです。

気がつくと、相手の話が「自分の話」に

【嫌われる聞き方3】相手の話に「ズレた答え方」ばかりする

A「聞いて聞いて! 今年は花粉症がめちゃめちゃラクだったんだ! 『ヤクルト400』を飲みはじめたんだけど、そのせいかもしれない」

B「『ヤクルト400』ってヤクルトレディが配達するやつでしょ? 私の友達もヤクルトレディをやっているのだけど、そこは人手不足みたいで……」

Aさんは「花粉症が改善したのは『ヤクルト400』のおかげかもしれない」と言いたいのに、Bさんは「ヤクルトレディ」の話に持っていってしまっています。悪気はないのでしょうが、話がズレてしまっています

嫌われる聞き方1の「相手の話を最後まで聞かない」にもつながりますが、「相手が何を言いたいのか」に、つねにアンテナを張りながら聞く姿勢が大事だと思います。

【嫌われる聞き方4】どんな話でも「自分の話」に持っていってしまう

A「最近、枕をやめてバスタオルを折って使っているのだけど、高さは好きに調節できるし、洗いやすいし、最高だよ」

B「枕? オレは、専門店で自分に合わせて枕を作ってもらったんだ。背骨のカーブまで測っておもしろかったよ。その枕で寝たら、肩こりがよくなったんだ」

Aさんが話そうとしているのに、途中まで聞いて「自分の話」に持っていってしまっています。こういう「会話泥棒」も非常に多いパターンです。

「自分の話をしたい」という気持ちは誰でも同じです。でも「相手の話」を聞かずに「自分の話」を始めてしまうのはマナー違反。自分の意見を言いたい場合は、「相手の話」をちゃんと聞いてからにしたほうがいいですね。

次ページ「はい、はい、はい」のあいづちは不愉快!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。