人望のない人は「たった一言」が添えられない

ビジネスで好まれる話し方と頼み方のコツ

会話とは「聞く」と「話す」のグラデーションによって成立しています。

① うなずく
② 声のあいづち
③ 共感のあいづち
④ くり返し
⑤ 一言の感想
⑥ 質問
⑦ 相談
⑧ お願い
⑨ 提案
⑩ 意見
⑪ 指示
⑫ 命令

番号が小さいほど「聞く」立場で、大きいほどより「話す」立場です。聞く立場から話す立場になっていくにしたがって、意思の強い言葉になります。

ポイントは「7:3」

お願い上手の人は、「聞く」(①~⑥)と「話す」(⑦~⑫)の割合が「7:3」であることが多い傾向にあります。「最近どうですか?(⑥)」と、まずは相手の状況を気にかけ、親身になって話に耳を傾ける(①~⑤)。そのうえで「実はこんな話があるのですが(⑦)」と相談を持ちかけ、「ぜひ引き受けてもらえませんか(⑧)」と最後にお願いする。

こうして「聞く」から「話す」へ、少しずつ会話の内容をスライドさせていくのです。

話をよく聞き相手の承認欲求を満たせられれば、あなたとの信頼関係は自然と深まります。そのうえで、ここぞというときにこちらのお願いを切り出す。

これこそが、気持ちよくお願いを聞いてもらう極意です。

次ページ一流のビジネスパーソンには「すごい一言」がある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。