DMM「斬新すぎる新オフィス」に隠された思惑

「外からの期待」で社員の能力を引き上げる

オフィスのエントランスから一歩入ると、デジタルアートの世界が広がっている!

ゾウやキリン、オオカミ、ヘラジカ、ニホンカモシカに、アフリカツノガエル……。

薄暗い通路、カラフルな花々と光でかたどられた「デジタルアニマル」たちが黒い壁面に映し出され、会議室までの道のりを一緒に歩いて案内してくれる。動物たちに手をかざすと、光や花びらが散り、鳴き声が響く。足元に目をやれば、普段あまり目にしない多種多様な植物が生い茂り、フロア全体にほんのりと緑の香りが漂っている。

テーマパークのような風景が広がるこの空間は、3月9日に本稼働したDMM.comの新オフィスの一角、主に来客時に使用される会議室が並ぶエリアだ。壁面に映し出される動物は26種類、同エリアで生育されている植物は256種類に上る。

「全体のテーマは『森』。オフィスの壁や机は、白色や木目調が当たり前……みたいな先入観を取り払って、あらゆるアイデアを基に作っていった」。新オフィスのプロジェクトを担当したDMM.com取締役の野本巧・チーフクリエイティブオフィサーは、そう胸を張る。

社員数は1年で約5割増

圧巻なのは24階の会議室エリアだ(撮影:尾形文繁)

DMMといえば、アダルト動画配信や通販、FX、英会話、オンラインゲームなどを手掛け、売上高約2000億円を稼ぐネット企業だ。近年ではアフリカ関連事業やものづくりスタートアップ支援などにも多角化を進めている。

グループ企業も含め足元の社員数は2700人と、前年比で5割近く拡大。これまで恵比寿に構えていた本社が手狭になったこともあり、2016年3月に竣工した住友不動産六本木グランドタワーへと移転するに至った。地下2階、地上43階建てのオフィス棟内、23~27階の5フロアを同グループで占有する。

次ページ「変幻自在の滝」に「波打つデスク」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。