プロ野球戦力外通告を受けた20代夫婦の現実

夢に寄り添ってくれた妻を後悔させたくない

嫌いで辞めた野球ではない。故障をかばい、だましだましでも野球を続けていくか? 思い切ってきっぱり野球をあきらめるか?

子供の頃から野球を夢として生きてきた康平さんにとっては、簡単に下せる決断ではなかった。

一方、妻・美佐さんの本音は「安定した職業に就いてもらいたい」。康平さんに野球への未練が残っていると感じた美佐さんの提案により、夫の実家で家族会議が開かれた。

「職人がいいんじゃないかな」

康平さんの母も、美佐さんと同じく、野球をあきらめて安定した職に就いてほしいという意見だった。

ところが、康平さんの父は違った。「本当は、もう1年野球をやってほしい」のだという。義父は、高校野球の監督を務めたほどの野球人。息子の夢は、父の夢でもあった。女と男で真っ二つに割れた家族会議。決断は、康平さん本人に委ねられた。

夫は野球以外の道を選んだ

家族会議から3日後、再び萬谷家を訪ねた。康平さんは、一般企業の面接に足を運んでいた。野球以外の道を選んだということだ。

「美佐の両親にも、プロ野球を辞めたので、次は働いて養っていきます、って言いたいですよね」

教師を辞めてまで、自分の夢に寄り添ってくれた妻。その妻を今度こそ幸せにしてやりたい。後悔させたくない。

教師という自分の夢をあきらめてまで結婚した相手が、戦力外通告。美佐さんの選択は正解? それとも後悔?

「後悔はないですね。プロ野球選手を好きになったわけではなくて、それ以前の主人を好きになったので、たまたまそのひとがプロ野球選手になったというだけなので、何も後悔はないです」

その後、康平さんの再就職先が決まった。保険会社の営業職だという。

「営業は人とのコミュニケーションがいちばんなので。そこが上手にできるのかな。笑顔で頑張れるのかな」。美佐さんは少し心配しているものの、29歳、元プロ野球選手の第2の人生が始まった。後輩の新人選手たちがキャンプからオープン戦で厳しい競争を繰り広げるのをよそに、萬谷康平は会社の研修に臨む。

「横浜DeNAベイスターズから来ました萬谷康平です! よろしくお願いします!」

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
カカクコム<br>優良児のつまずき

食べログ、価格.comを運営するカカクコム。営業利益率は50%近い超優良児だ。今年2月に上場来初の業績下方修正を発表し、株価は低迷。クチコミビジネスが直面する課題に迫る。