積極的に長時間労働したい人が見落とす盲点

バリバリ働いて成長したい若手の悩み

まずは、あなたの会社のトップや幹部の人たちをよく観察してみたらどうでしょう? きっと、会社の成長期に、全力をあげて仕事をしているとは思いますが、自分で時間をコントロールし、心身を健康に保ちながら高い集中力を発揮しているのではないでしょうか。

「寝食を忘れて働く」のは、デスクの前でだけとは限らないのです。あなたは「もっと働きたい」と思っていて、私はその権利はあると思います。でも「長く働きたい」のではなく、「もっと経験を積みたい」とか「もっと経営を間近で見たい」とか、そういったことに置き換えられるのではないでしょうか。それであれば、私の上司が私に言ってくれたように、夕方にはくたくたになるほどの集中力をもって、「半分の時間で同じ成果」を指向してみてはどうでしょう。そのスキルを周囲から盗むのも学びになるはずです。そしてその力が高まっていけば、あなたには、もっと大きなミッションが「生産性を高めながら」の言葉とセットで任されるのではないか、と思うのです。あなたが就活のときにした覚悟は、きっと生かされると思いますよ。

正しいやり方でたっぷり働く

若いうちに、こういった訓練ができることって、とてもすばらしいと私は思います。「先輩たち、ずるい!」と今言われたら、「若いうちからこのスキルを磨くことの大切さに気づけるなんて、あなたたちのほうこそうらやましい」と言ってしまうかもしれません。将来、働く時間や場所に制約ができたときにも、間違いなくあなたを支えるスキルになるでしょう。

そんな人たちがつくる「働く社会」は、「成果」や「価値」に焦点があたる、ある意味厳しいものになるかもしれない。でも、「長い時間は働けないから、仕事をあきらめる」といったことがなくなっていく未来につながる1歩でもあると思うのです。

あなたはぜひ、正しいやり方でたっぷり働いてください。心身ともに健やかに、ぜひ多くの経験をビジネス社会で積んでいってもらいたいと思います。起業という目標もありますしね! ずっと応援しています。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?