最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

孫正義氏の元社長室長の本が1位に!

ソフトバンク孫正義社長の元社長室長の著書が1位に!(写真:Ushico / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、2月26日から3月4日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(2月26~3月4日)のランキングでは、三木雄信氏の『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA』(ダイヤモンド社)がトップに輝いた。ソフトバンク社長室長として孫正義社長の要求に超スピードで応え、かつ成果を出し続けてきた経験をもとに、そのノウハウをまとめている。

前回365位から30位に躍進したのが、文明評論家であり経済動向財団代表のジェレミー・リフキン氏著『限界費用ゼロ社会』(NHK出版)だ。発売は2015年10月だが、テレビ東京「リーダーの栞」で紹介され、注目が集まった模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。