ミクシィ再生の手綱握る、異色経歴の新社長

新世代リーダー 朝倉祐介 ミクシィ社長

朝倉 祐介
ミクシィ 代表取締役社長
朝倉 祐介 氏
1982年7月兵庫県西宮市生まれ。中学卒業後、単身オーストラリアクイーンズランド州の競馬騎手養成学校に入学。体重面の問題で1年後帰国、北海道浦河町で調教助手となるも交通事故に会い競馬の道を断念。大学受験資格を取得できる専門学校に3年間通い、20歳で東大法学部に入学。2007年4月マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。国内外の大手企業、公的機関の戦略立案、オペレーション改善プロジェクトなどに従事。10年8月、自身が学生時代に立ち上げたネイキッドテクノロジーに出戻り代表取締役社長兼CEOに就任。11年10月、同社をミクシィに売却したことを機にミクシィ入社。事業開発などを担当し、12年7月執行役員経営企画室長に就任。13年6月より現職。

かつて和製SNSとして業界を席巻したミクシィの再起なるか――。6月下旬、SNS大手ミクシィの新体制が本格的にスタートした。“手綱”を握るのは、朝倉祐介社長兼CEOだ。

1982年7月生まれの31歳。競馬養成学校から東大法学部に入学し、コンサルティングファームのマッキンゼーに勤めた後、自身が学生時代に立ち上げたベンチャー企業に出戻ったという、経営者としては異色の経歴を持つ。2011年9月にその会社がミクシィに買収されたことをきっかけで、ミクシィへ入社している。

ミクシィ入社後は、少人数でサービスを運営するユニット制の導入や、新事業立ち上げの仕組み作りに奔走した。その成果を買われ、2012年7月に執行役員経営企画室長に抜擢されている。「このときから、笠原との話し合いの中で、社長は自分になるという雰囲気は醸成されていた」(朝倉氏)。

被買収企業の社長から買収元企業の社長へ。自身の経歴だけでなく、日本では異例づくしの展開で社長に就任した朝倉氏。しかし、その人となりはいわゆる「エリート」という言葉では語り尽くせない。

他人の尺度でなく、自分の尺度で決める人生を

生まれは兵庫県西宮市。阪神競馬場が実家のすぐそばにあった。「小学生の頃、友達と頻繁に競馬場へ通い、駐車場で野球をして遊んでいた」。あこがれたのは、武豊騎手だ。当時、武騎手は三冠馬のナリタブライアンに騎乗していた絶頂期。だが、競馬騎手を職業に選ぼうとした少年は朝倉氏ぐらいだった。

次ページ10代で経験した、2度の挫折
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。