「瑞風」に旧「トワイライト」の面影はあるのか

シングルルームは「あの個室」にそっくり?

旧「トワイライトエクスプレス」のロイヤルにそっくりな一人用個室「ロイヤルシングル」。レールファンの人気集中が予想される(筆者撮影)

「おや、これは……」

室内に入ると、鉄道をよく知る記者たちから思わず声が出た。ここまで見てきた個室よりも、やや小ぶりな部屋。ソファの頭上にはエクストラベッドが格納されている。

「これは、懐かしい」「なんだか落ち着くね」

そんな会話が聞こえてきた。

2月23日、JR西日本は網干総合車両所宮原支所(大阪市淀川区)で、6月17日から運行される「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の車両を公開した。JR九州の「ななつ星in九州」や、JR東日本の「TRAIN SUITE 四季島」と並ぶ、豪華寝台列車である。

これは「ロイヤル」だ!

記者たちが声を上げたのは、1両1室だけの最上クラス「ザ・スイート」……ではなく、逆に最も低価格なクラスとなる「ロイヤルシングル」だ。4号車に2室だけ設定された1人用個室で、2人で使用する場合はエクストラベッドを出して二段寝台となる。

もちろん、インテリアの高級感は新世代の豪華列車だ。でも、これは……。

夜はベッドになるソファに腰掛けると、懐かしさに笑みがこぼれた。

「これは、トワイライトエクスプレスのロイヤルだ」

次ページ豪華寝台列車唯一のシングルルーム
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。