ベントレー「マリナー」の知られざる伝統

「特別な1台」を作り出す注文製作の凄み

 

ベントレーモータースジャパンは2月15日、限定モデル「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」を発表した。このクルマを手掛けたのは、英国本社のビスポーク部門「マリナー」。ベントレーを長年支えてきた名門コーチビルダーの末裔だ。

450年の歴史を持つマリナー一族

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フェラーリの「テーラーメイド」。ランボルギーニの「アド・ペルソナム」。アストンマーティンの「Q by アストンマーティン」。そしてロールス・ロイスのずばり「ビスポーク」など、昨今の超高級カーブランドではオーナーの嗜好を反映した特別な1台を製作するビスポークプログラムが活況を呈している。

そんな中、ベントレーのクルー本社工場内におけるビスポーク(注文製作)部門として活動するのが「マリナー(Mulliner)」だ。今回、そのマリナーの本国スタッフによるプレゼンテーション、および同部門の手がけた限定モデル「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」の発表会が、2月15日に東京都内で開催された。

マリナーというブランドネームに聞き覚えのない方も多いかもしれないが、これは英国を代表する名門コーチビルダー(ボディ製造工房)である「H.J.マリナー」を筆頭とするマリナーファミリーの正統な後継者であることを示したものである。

次ページコーチビルダーとして初めて認知されたのは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。