グローバル化で新卒一括採用は崩壊する

矢下茂雄 楽天みんなの就職事業長に聞く

矢下茂雄・楽天みんなの就職事業長
 
現在の大学4年生(2014年新卒)の就活は一段落し、大学3年生(2015年新卒)のインターンシップが始まる。就活の主役は14年新卒から15年新卒へと替わりつつある。
また、現在の2年生(2016年卒)が就活するときから就職解禁が3年生の3月となる(現在は3年生の12月)。
14年新卒採用の総括と就職解禁日の後ろ倒しについて、矢下茂雄・楽天みんなの就職事業長に聞いた。

――2014年新卒採用の動きを振り返ってください。

全体的に学生の動きは遅かった。意識の高い学生は3年生の夏休みにインターンシップに参加するなど就活をしていたが、多くの学生は「12月から始めればいい」という姿勢でのんびりしていた。

また、最近は企業が学内説明会をする大学を絞っている。企業は採用ターゲットとならない大学では学内説明会を開催しない。学内説明会が開かれる大学の学生は早めに就活を開始するが、学内説明会が行われない大学の学生は意識が高まらず、就活開始が遅れる傾向がある。

――企業は採用に手応えを感じていますか?

ある大手企業の採用担当者は「今年はいい学生がいなかった」と言っていた。毎年、これはすごいと評価できる突出した学生がいるのだが、今年はいなかったと言うのだ。こうしたコメントをする企業は夏休みにインターンシップを行っていない。

インターンシップが採用に直結していないとはいえ、企業はインターンの中で優秀な学生を発見し、インターンシップ終了後も接触を継続する。学生はインターンシップで企業に好感を持てば、その企業にエントリーする。要するに、就職解禁の前から学生と企業の間にはいい関係ができているのだ。

インターンシップを行わなかった企業が、このいい関係の間に割って入るのは難しい。これはすごいという優秀な学生がいないのではない。すごい学生は最初からインターンシップを行った企業に流れてしまうのだ。

――企業はインターンシップに積極的なのですか?

前年の採用(13年新卒)のときに、業界トップ企業は思いどおりの採用ができたが、2位以下の企業では内定辞退が多かった。2位以下の企業が内定を出しても、トップ企業に学生が流れてしまったのだ。

次ページスケジュール変更は理系学生に負担
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。