リクルートスーツの「制服化」が進んでいる

スーツは黒、ネクタイはストライプで画一化

AOKIがマイナビスチューデントと共同開発したスーツのコーディネートアイテム「究極の就活シリーズ」。スーツ以外もまとめて買いそろえることができる (撮影:大澤誠)

オフィス街でリクルートスーツを身にまとって就職活動をする学生が目立つようになってきた。今年は「リクルートスーツが売れるタイミングが前倒しになっている」(AOKI横浜港北総本店の丹治貴史副店長)という。大学3年生の夏休みや翌年3月以前の春休みに、インターンシップを開催する企業が増えていることが原因で、売れ行きは昨シーズンを上回るペースで進んでいるという。売り手市場で就活生の動きは鈍くなっているといわれているが、スーツに関しては「早期化」が進んでいるようだ。

"黒の中の黒"が選ばれる​​

リクルートスーツといえば黒系スーツ。黒系というより、「真っ黒いスーツ」という表現のほうが正確だ。「黒のスーツにもチャコールグレーやネイビー(紺)がかったタイプがあるが、真っ黒い生地のスーツを選ぶ就活生が圧倒的」と、丹治副店長は説明してくれた。

そうした同じモノを選ぶ傾向は黒スーツだけではなくなっている。他のアイテムについてもかなり定番化が進んでいる。

まずネクタイ。合同企業説明会など就活生が集まるイベント会場に行くと、ネイビーのストライプ柄が圧倒的に多く、次いでワインレッドのストライプ柄という順番である。そしてカバンはナイロン地で自立できるタイプのもの、靴もベーシックなストレートシューズ、というのがお決まりのスタイルだ。

次ページ女子学生の定番はベージュのコート
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。