東芝、決算報告できず延期を財務局に申請

14日開示は見送り=関係筋

 2月14日、東芝は、4日予定していた2016年4―12月期決算の同日中の開示を見送る公算が大きくなった。写真の同社ロゴは都内で2015年9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>は、14日予定していた2016年4―12月期決算の同日中の開示を見送る公算が大きくなった。監査法人との調整が難航しており、関東財務局に決算報告の期日延長を申請した。複数の関係筋が明らかにした。

金融商品取引法に基づき上場会社に提出が義務付けられている四半期報告書は、各四半期終了後45日以内に提出しなければならず、14日は昨年12月31日に終了した四半期の報告書を提出する期限。関東財務局によると、延長の可否は各財務局が判断するという。

(布施太郎)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。