両巨頭、偽ニュース対策で仏メディアと提携

フェイスブックとグーグルが報道機関8社と

 2月6日、今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブックと米グーグルは、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。1日撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 6日 ロイター] - 今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブック<FB.O>と米グーグル<GOOGL.GO>は6日、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。

ソーシャルメディアや情報収集サイトは、米大統領選に関して偽ニュースを誤って広めたことが明らかになり、批判にさらされた。

フェイスブックは、偽ニュースがフェイスブック上に流れるリスクを最小化するため、AFP通信や仏紙ルモンドなどフランスの報道機関8社と提携すると発表した。

フェイスブックのフランスの利用者は2400万人と、同国の人口の3分の1を超える。利用者の報告を基に、同社が提携する報道機関が問題のニュースの真偽をチェックするという。

グーグルも「クロスチェック」と呼ばれる同様の対策に乗り出しており、フェイスブックが支援しているほか、フランスの報道機関17社も参加している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。