西野亮廣も驚く「稼げる1%の人」になる方法

「1万時間の法則」を知っていますか?

その他大勢のライバルから抜け出すには?(撮影:今井康一)
「お笑い芸人」と「絵本作家」という、異なる2つのジャンルで活躍するキングコングの西野亮廣氏。先日、自著である『えんとつ町のプペル』をネットで無料公開したことでも大きな話題を呼んでいる。
そんな西野氏が「めちゃめちゃ面白い!」と激賞している本が、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』だ。2013年に発売され、ロングセラーとなっている。
1つのジャンルで「100人に1人」になり、さらに別の分野で「100人に1人」を目指すことで、誰でも「稼げる人になる」。その方法を説いたこの本が、西野氏の活動の大きなヒントになっているという。
今回、本の帯に西野氏が推薦文を寄せてもらったことをきっかけに、著者の藤原和博氏との対談が実現した。第1回目は「稼げる1%の人」になる方法。西野氏が感動したという「稼げる方法」とは――。

「100人に1人」を目指せ!

『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

西野:はじめまして! 藤原さん、お会いしたかったんです! 今日はありがとうございます。

藤原:いや、僕のほうこそ、お礼を言わなきゃいけないんです。西野さんがご著書『魔法のコンパス』(主婦と生活社)の中で、僕の『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』を絶賛してくれたことから今日の出会いがある。本当に感謝しています。

西野:だってこの本、めちゃめちゃ面白いじゃないですか。だから、みんなに絶対に読んでほしくて、オススメしまくっているんです。

藤原:ありがとうございます。この本は2013年に出版して3万部のヒットになったものの、発売後3年経って、さすがに最近はあまり動いていませんでした。それが、西野さんが本やツイッターなどで絶賛してくれてから、また一気に売れ出したんです。

西野:僕のサイン会でも、藤原さんの本も並べて一緒に売ったりしていましたよ。そのときは、僕の本よりも早く藤原さんの本が売り切れました。

藤原:出版社は「何があったのか」と驚いたらしいです。それでいろいろ調べたら、西野さんが激賞してくれていたことがわかった。それで、今回の対談の話が舞い込んだんです。

西野:この本は全部、面白いんですが、僕が特に感動したのは「稼ぐ話」。これからの世の中、「1%の人」にならなくてはいけない、「100人に1人」のレアな人になれ、という話です。

次ページ稼ぐには「100人に1人」になればいい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。